古銭収集はコレクションの一つのカテゴリーとして国内はもとより世界的にも広く認知されています。
昔のお金が実際の貨幣価値よりも固く売れるのは、コレクターが存在してるからです。

その道に興味のある人は知っておきたい事は様々あるものです。
古いお金を集めるという行為も、古い時代の物を収集する点では骨董であったり切手収集なども似た側面があります。

古い時代の貨幣や希少価値が高い貨幣などをコレクションする中では様々な喜びを感じることになるのですが、そもそも収集の対象になる貨幣とはどのような物なのでしょうか。

コレクターが収集する古銭

古いお金のコレクションになる古銭はどんなものがあるのでしょうか?
これから古銭収集を始めるに人も、どのような貨幣が収集の対象になるかについては興味のある人は知っておきたい事ですよね?
詳しく見ていきましょう。

まず一口に古銭といってもそのカテゴリーは非常に幅広いです。
国内の古い時代の貨幣では、例えば寛永通宝や大判小判なども挙げられます。寛永通宝や大判小判は、歴史の資料で見たことがある人も多いと思います。

そんな古いお金を手にして、その時代に思いを馳せるのも一興といったところなのです。

それ以外にも近代の記念硬貨やイベントで発行された硬貨なども収集の対象となります。
例えばオリンピックの記念硬貨や皇室の慶事に伴う記念硬貨なども挙げられ、変わった所では貨幣の鋳造で失敗したエラー銭も好まれています。

古いお金を集める理由

またコレクションを行うにあたりどのような目的で収集をするかについても興味のある人は知っておきたい事としてポイントになります。

この点については人によりやや変わる事があります。
例えば純粋に「収集」という趣味を楽しんでいる場合もありますし、投資目的で古銭を収集する人もいます。

趣味の場合はずっと手元において楽しむことが目的であり、投資目的の場合は価値があがったら売るという目的があるわけです。
中には、趣味と実益を兼ねて、しばらくはコレクションを楽しんで、一定以上の価格に価値が上がったら売ろうという人もいます。

いずれの場合も年代が古いという以外でも、希少価値というところで高い値が使います。

まとめ

古銭はその時代を生きた人が実際に触れてきた物であり、時代の息吹を感じることができる点に大きなロマンがあります。
コレクションという趣味と、投資という実益を兼ね備えているからこそ、古銭売買という市場が作られているのです。